本文へ移動

高額療養費の給付

公開日 2016年3月9日

一部負担金が戻ってきます

1か月間に、一人の人が一つの病院や診療所に高額の一部負担金を支払ったとき、限度額(自己負担限度額) を超えた分が、あとで高額療養費として支給されます。また、特例として、世帯合算や多数該当もあります。なお、高額療養費の支給を受ける場合には、申請が必要です。

申請手続きに必要なもの

  • 高額療養費を通知したはがき
  • 通帳(郵便局以外)
  • 印鑑 ・医療機関へ支払った領収書

自己負担限度額

70歳未満

  自己負担限度額
上位所得者
(年間所得600万円以上)
150,000円+<医療費>×1%
(83,400円)
一 般 80,100円+<医療費>×1%
(44,400円)
低所得者
(住民税非課税)
35,400円
(24,600円)

70歳以上

  自己負担限度額
外来A
(個人単位)
外来+入院 B
(世帯単位)
現役並み所得者
(課税所得145万円以上)
44,400円 80,100円+<医療費>×1%
(44,400円)
一 般 12,000円 44,400円
低所得2 8,000円 24,600円
低所得1 8,000円 15,000円

※<医療費>は全体の医療費から、定額の限度額に対する医療費を控除した額。
※( )内は多数該当(4か月以上入院するような場合)の限度額。
※低所得2とは、住民税が非課税で所得が0円でない人
※低所得1とは、住民税が非課税で所得が0円の人
※上位所得者とは、保険税算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額等が670万円を 超える世帯の人です。また、所得の申告がない場合は、上位所得者とみなされますので、ご注意ください。

お問い合わせ

町民課
TEL:(0982)87-3902
FAX:(0982)87-3912