本文へ移動

平成30年度全国・学力学習状況調査の概要について

公開日 2018年9月3日

平成30年4月に小学校6年生、中学校3年生を対象に実施された「全国学力・学習状況調査」の日之影町立学校の結果についてお知らせします。

町内小学校6年生(4校 29名/実施教科等 国語、算数、理科及び児童質問紙)

国 語

○ A問題(主として知識の定着をみる問題)は、県平均、全国平均を共に大きく上回っている。
○ B問題(主として知識の活用をみる問題)は、県平均、全国平均を共に大きく上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
「書くこと」に関する設問の正答率がやや低い。 授業において、自分の考えと他者の考えを比較したり、趣旨を明確にしたりするなど、書くときのポイントを明確に示す。

算 数

○ A問題(主として知識の定着をみる問題)は、県平均、全国平均を共に上回っている。
○ B問題(主として知識の活用をみる問題)は、県平均、全国平均を共に上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
単位量当たりの大きさの意味理解が十分でない。 図や具体物を用い、単位量当たりの大きさのイメージをもたせる指導を行う。
表、グラフから情報を読み取り、分かったことをまとめることが十分でない。 表やグラフの読み取りとともに、「~だから~である」のように、理由と結論の両方を書く指導を徹底する。

理 科

○ 県平均、全国平均を共に大きく上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
実験結果を分析・考察し、より妥当な考えを作り出すことが十分でない。 自ら問いを立て、得られた結果から分かったことを書く指導を徹底する。

児童質問紙から見られる傾向

「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」が多い項目 「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」が多い項目
○ 学校の宿題を忘れずにすること
○ 家の人と学校での出来事を話すこと
○ 地域の行事に参加すること
○ 地域や社会で起こっている問題や出来事に関心があること
● 自分で計画を立てて勉強すること
● 地域や社会をよくするために何をすべきか考えること
● 新聞を読むこと

町内中学校3年生(1校 28名/実施教科等 国語、数学、理科及び生徒質問紙)

国 語

○ A問題(主として知識の定着をみる問題)は、県平均、全国平均を共に大きく上回っている。
○ B問題(主として知識の活用をみる問題)は、県平均、全国平均を共に上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
目的に応じた読みが十分でない。 接続語の意味理解とともに、段落の要旨をとらえさせる指導を徹底する。

数 学

○ A問題(主として知識の定着をみる問題)は、県平均、全国平均を共に大きく上回っている。
○ B問題(主として知識の活用をみる問題)は、県平均、全国平均を共に大きく上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
「数と式」の領域に係る知識の理解が十分でない。 「数と式」の領域に係る数学用語の意味の指導を徹底するとともに、授業において、数学用語を使って説明する場面を意図的に位置付ける。

理 科

○ 県平均、全国平均を共に大きく上回っている。

(課題と指導のポイント)

課 題 指導のポイント
実験結果を分析・考察し、より妥当な考えを作り出すことが十分でない。 自ら問いを立て、得られた結果から分かったことを書く指導を徹底する。

生徒質問紙から見られる傾向

「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」が多い項目 「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」が多い項目
○ 将来の夢や目標を持っていること
○ 学校の規則を守ること
○ 同じくらいの時刻に起きること
○ 家で自分で計画を立てて勉強すること

● 地域や社会をよくするために何をすべきか考えること
● 新聞を読むこと

 

 

平成30年度全国学力・学習状況調査結果の概要について[PDF:141KB]

お問い合わせ

教育委員会
TEL:(0982)87-3907
FAX:(0982)87-3915

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。