本文へ移動

個人番号(マイナンバー)通知カードの廃止について

公開日 2020年5月14日

個人番号(マイナンバー)通知カードの廃止について(令和2年5月25日予定)

 法律の改正により、個人番号(マイナンバー)通知カード(緑色の紙製のカード;以下「通知カード」)は令和2年5月25日に廃止される予定です。
詳細が決定次第、こちらのページを更新してお知らせいたします。

廃止後の通知カードの取り扱いについて

現在、通知カードを所持している方はカードに記載されている住所、氏名、生年月日、性別が最新の情報であれば引き続き個人番号(マイナンバー)を証明する書類として利用できます。(身分証明書と併せて提示していただく必要があります。)
廃止後は以下の手続きが出来なくなります。手続きのお済でない方は、お早目に手続きしていただきますようお願いいたします。

1 再交付申請

 これまで通知カードの紛失や、追記欄が満欄となってしまった場合は再交付申請をすることで最新の個人情報が記載された通知カードの受け取りが出来ましたが、廃止後は再交付申請を行うことができません。
 再交付が必要な方は、令和2年5月22日(金)までに申請が必要です。
 再交付申請は、原則本人からの申請となります。代理人がされる場合は、本人からの委任状[PDF:129KB]が必要です。
 また、紛失等による再交付申請の場合は1件につき手数料が500円必要です。

2 表面記載事項変更(住所変更等)

 転入や転居による住所変更や氏名の変更などがあった場合は、変更届に基づき追記欄にその旨の記載をしておりましたが、廃止後の追記は行いません。
 通知カードを引き続き個人番号(マイナンバー)を証明する書類として使用するためには、記載されている住所、氏名、生年月日、性別が最新のものである必要があります。
 現在、通知カードを所持している方で住所等の変更がお済でない方は、再交付と同様に令和2年5月22日(金)までに届出が必要です。
 変更届出は、原則本人からの届出となります。代理人がされる場合は、本人からの委任状[PDF:129KB]が必要です。手数料はかかりません。

通知カード廃止後の個人番号(マイナンバー)の確認方法

通知カード廃止後の個人番号(マイナンバー)の確認方法については以下のとおりです。

廃止後初めて個人番号(マイナンバー)が付番される方

 出生や国外からの転入などで初めて個人番号(マイナンバー)が付番される方には、国が発行する「個人番号通知書」で通知される予定です。
 具体的な方法については未定ですので、決まり次第お知らせいたします。

すでに個人番号(マイナンバー)が付番されている方

  1. 個人番号カード(マイナンバーカード)の申請をする
    初回交付に限り無料で、顔写真付きの個人番号カード(マイナンバーカード)を作成することができます。
    申請後、約1か月後にカードが出来上がります。詳細につきましては、「個人番号カード」のページをご確認ください。 
  2. 「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」で確認する
    町民課の窓口において、個人番号(マイナンバー)が記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を請求することができます。
    証明書の発行については、1通あたり300円の手数料がかかります。
    また、委任状[PDF:129KB]で代理人が請求した場合、代理人に直接交付することはできませんのでご注意ください。

お問い合わせ

町民課
TEL:(0982)87-3902
FAX:(0982)87-3912

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。