本文へ移動

令和3年度全国学力・学習状況調査の概要について

公開日 2021年9月29日

令和3年度全国学力・学習状況調査における日之影町立小・中学校の結果についてお知らせします。

 

1 実施日及び調査内容

(1) 実施日   令和3年5月27日(木)

(2) 調査内容  小学校6年生:国語、算数、児童質問紙  中学校3年生:国語、数学、生徒質問紙

 

2 町内小学校6年生の結果

実施学校数・児童数

 3校・26名

国語の結果

 全国平均を大きく上回っている

(課題と指導のポイント)

課 題課 題 授業での指導例授業での指導例

話の内容が明確になるように、事実と感想、意見とを区別するなど、話の構成を考えること話の内容が明確になるように、事実と感想、意見とを区別するなど、話の構成を考えること話の内容が明確になるように、事実と感想、意見とを区別するなど、話の構成を考えること

スピーチなどの原稿をつくる学習において、接続語や文末表現などに注意しながら、事実、感想、意見の関係が明らかになる話の構成を考える活動を位置付ける。

目的を意識して、中心となる語や文を見付けて要約すること

説明的文章を読む学習において、内容の中心となる語や文を選んで、分量などの与えられた条件に合うように端的にまとめる活動を位置付ける。

算数の結果

 全国平均を大きく上回っている

(課題と指導のポイント)

課題

課 題 授業での指導例

複数の図形を組み合わせた平行四辺形について、図形の構成の仕方を捉えて、面積の求め方と答えを記述すること

図形の面積の学習において、量の保存性や加法性を基に考察したり、図形を構成する要素などに着目して捉え、求め方を筋道立てて説明したりする活動を位置付ける。

帯グラフで表された複数のデータを比較し、示された特徴をもった項目とその割合を記述すること

複数のグラフを読み取る学習において、全体と部分、部分と部分の間の関係を調べ、データの特徴や傾向を捉えて言葉や数で説明する活動を位置付ける。

児童質問紙の結果

他の質問と比較して、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」の回答割合が高い項目

○ 毎日朝食を食べる

○ 毎日同じくらいの時刻に就寝・起床する

○ 将来の夢や目標を持っている

○ 人が困っているときに、進んで助けている

○ 人の役に立つ人間になりたい

○ 友達と協力するのが楽しいと思う

○ 友達と話し合うとき、友達の話や意見を最後まで聞く

全国と比較して、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」の回答割合が高い項目

○ 今住んでいる地域の行事に参加している

○ 5年生までに受けた授業で、コンピュータなどのICT機器をよく使用している
○ 学校で、コンピュータなどのICT機器を、友達と意見を交換したり、調べたりするためによく使用している

他の質問と比較して、「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」の回答割合が高い項目

● 自分と違う意見について考えるのは楽しい

● 地域や社会をよくするために何をすべきか考えている

● 新聞を読んでいる
● 学校の授業以外で英語を使うことがある

3 町内中学校3年生の結果

実施学校数・生徒数

 1校・23名

国語の結果

 全国平均を上回っている

(課題と指導のポイント)

課 題 授業での指導例

書いた文章を読み返し、語句や文の使い方、段落相互の関係に注意して書くこと書いた文章を読み返し、語句や文の使い方、段落相互の関係に注意して書くこと書いた文章を読み返し、語句や文の使い方、段落相互の関係に注意して書くこと

書いた文章を推敲する学習において、文の使い方や段落の設け方、全体と部分の関係などに着目させ、読み手の立場に立って文章を整える活動を位置付ける。

文章に表れているものの見方や考え方を捉え、自分の考えをもつこと

文学的文章を読む学習において、登場人物のものの見方や考え方を捉え、その根拠となる箇所や興味をもった箇所を記録したり、自分が考えたことを相互に伝え合ったりする活動を位置付ける。

数学の結果

 全国平均を大きく上回っている

(課題と指導のポイント)

課 題 授業での指導例

データの傾向を的確に捉え、判断の理由を数学的な表現を用いて説明すること

表やグラフなどの資料を活用する学習において、データの傾向からある事柄が成り立つ理由を「○○であるから、△△である」のように、「根拠」と「成り立つ事柄」を明確に示す活動を位置付ける。

ある条件の下で、いつでも成り立つ図形の性質を見いだし、それを数学的に表現すること

平面図形の学習において、観察、操作、実験などを通して、基本的な平面図形の性質を見いだし、平行線や角の性質を基に確かめ説明する活動を位置付ける。

生徒質問紙の結果

他の質問と比較して、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」の回答割合が高い項目

○ 毎日朝食を食べる
○ 毎日同じくらいの時刻に起床する
○ 自分にはよいところがある
○ 人が困っているときに、進んで助けている
○ 人の役に立つ人間になりたい
○ 友達と協力するのが楽しいと思う
○ 友達と話し合うとき、友達の話や意見を最後まで聞く

全国と比較して、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」の回答割合が高い項目

○ 今住んでいる地域の行事に参加している
○ 1、2年生までに受けた授業で、コンピュータなどのICT機器をよく使用している 
○ 学校で、コンピュータなどのICT機器を、友達と意見を交換したり、調べたりするためによく使用している
○ 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの学校が休校していた期間中、規則正しい生活を送っていた

他の質問と比較して、「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」の回答割合が高い項目

● 自分と違う意見について考えるのは楽しい
● 家で自分で計画を立てて勉強をしている(学校の授業の予習や復習を含む)
● 地域や社会をよくするために何をすべきか考えている         
● 新聞を読んでいる
● 学習した内容について、分かった点やよく分からなかった点を見直し、次の学習につなげている
● 学校の授業以外で英語を使うことがある

 

お問い合わせ

教育委員会
TEL:(0982)87-3807
FAX:(0982)87-3814

このページの
先頭へ戻る